2010年10月2日土曜日

Windows7の仮想機能


Danbo (heart) Windows 7 / mendhak


Windows 7には、「XP Mode」という仮想機能があります。
この機能を使うことで、Windows XPなどで使用していたアプリケーションを修正することなくWindows 7上で動作させることができます。


「XP Mode」とは



Windows 7上に仮想的なWindows XPの環境を構築し、XPでしか動かないアプリケーションを使えるようにする機能です。
従来の仮想化ソフト「Virtual PC」と基本的な仕組みは同じですが、Windows XPのライセンスが無償で付くのが利点です。
また、スタートメニューから直接Windows XP上のアプリケーションを起動できるほか、USBデバイスにも対応しています。

ただし、Windows 7には標準添付されておらず、Webサイトから「XP Mode」と「Windows Virtual PC」をダウンロードして組み込む必要がある他に、使用しているWindows 7が「Professional」「Ultimate」「Enterprise」である必要があります。
更に、CPUが仮想化技術に対応していることが必須条件ではありますが、最新のPCであればこれに関しては特に問題ない部分です。


「XP Mode」の使いどころ



例えば、Windows XP上のInternet Explorer 6を前提にした業務アプリケーションの場合、Internet Explorer 8を搭載するWindows 7では上手く動作しないケースがあります。
こんなとき「XP Mode」を使えば、あたかもWindows 7に対応したソフトのようにスタートメニューから直接起動して利用できます。


「XP Mode」の落とし穴




「XP Mode」を使うと、Windows 7、Windows XP sp3という2つのOSがPC1台で動作することになります。
その実体は、Windows 7上で動いている「Virtual PC」で更に「Windows XP sp3」を動作させ、その上で更にWindows XP用のアプリケーションを動作させている状態です。
当然、ハードウエアのリソース(CPUやメモリ)を多く使用することになり、「XP Mode」を導入したためにかえって使い勝手が悪くなることもあるそうです。



以上のように、以前から使っていたアプリケーションもそのまま使えるので便利な反面、実はPCに負担を強いるなんてこともあるようです。
利点ばかりではなく考慮すべき点にも目をむけ、必要か不必要かを見極めて、どうしても必要な場合にのみ使用するという使い方がいいのかも知れないですね。

投稿者:小森谷

0 件のコメント:

コメントを投稿

ツイート数からみる"バーチャルYouTuber"ブーム

今や YouTuber の話題の半分を占めるほどのクチコミ数に 当社が提供するソーシャルビッグデータ検索ツールの「 beInsight (ビーインサイト)」を使って、話題の「バーチャル YouTuber 」について調べてみました。 「バーチャル YouTuber...