2010年2月15日月曜日

ODSによるプロシジャのSASデータセット出力

SAS V8からODSを利用して、プロシジャを実行した結果をデータセットに出力することが出来ます。
以下の例ではContentsプロシジャでは通常データセットに出力できないエンジン・ホスト情報を出力しています。

1. ODS TRACEステートメントを利用して出力するテーブル名を確認

ods trace on;

proc contents data=sashelp.buy;
run;

実行すると以下のようにLOGにODSテーブル名が確認できます。
ODS TRACE onのLog

アウトプットウインドウだとこの以下の部分の情報ですね。
アウトプットウィンドウ

2.次にODS OUTPUTステートメントで出力したいODSテーブル名を指定し、
contentsプロシジャを実行します。

ods output EngineHost=enginHost;
proc print data=sashelp.buy;
run;

するとEngineHost= で指定したデータセット名でデータセットが出力されます。
ODSで出力されたデータセット

プロシジャはSTATのプロシジャ等様々なプロシジャで利用できますので
覚えておくと役立つシーンがあるのではないでしょうか。

SASのテクニカルサポートにも情報が出ています。

[google]

0 件のコメント:

コメントを投稿

ネイチャーインサイト サイトリニューアル&NIBLOGの引っ越し

ご連絡が遅くなりましたが、 ネイチャーインサイトの際とがリニューアルしました。 https://www.n-insight.co.jp/ それに伴い、NIBLOGも引っ越しすることになりました。 https://www.n-insight.co.jp/niblog/ ...