2007年8月28日火曜日

プログラムで使われる英語の意味を調べてみよう!PART2



前回に続いて、同じような趣旨の記事です。

今回は省略語的なものに注目してみます。


■INT関数

これは頻繁に使用する関数ですね。

引数の小数部分を切り捨てて、整数値を返します。
(例)

X = INT(1.5) ; → 1

X = INT(-2.3) ; → -2

では、このINT関数の"INT"とは何の省略語でしょうか?

これはお分かりですね?

SAS以外のデータ型に厳格な言語でも使うキーワードです。

JAVAやC言語では同じく省略形で、VBではフルスペルで記述します。

正解は「integer」です。

意味は「整数」です。


■ABS関数

これも割と使用する機会があるでしょうか。

いわゆる"絶対値"を返す関数です。
(例)

X = ABS(1.5) ; → 1.5

X = ABS(-2.3) ; → 2.3

では、このABS関数の"ABS"とは何の省略語でしょうか?

SASとは全く関係ないですが、CSSでも使われます。

position : absolute ;

位置は相対指定でなく絶対指定でという意味です。

正解は「absolute」です。

absolute valueで絶対値という意味になります。

海外の映画やドラマで、

「Absolutely.」という台詞がよく使われますね。

「そのとおりだ」「まったくだ」というように同意を示す言い回しです。


■DLM=オプション

INFILEステートメントやFILEステートメントで、外部ファイルの区切り文字を指定するオプションです。
(例)

infile "入力するファイル名" dlm="09"x ;

この例は、タブ区切りの外部ファイルを読み込む場合です。

では、この"DLM"とは何の省略語でしょうか?

これは当然お分かりですね?

正解は「delimiter」です。

意味は「区切り文字」です。

ちなみに、省略形を使わないで、
infile "入力するファイル名" delimiter="09"x ;

のような記述でも問題ありません。


■LRECL=オプション

最後に、INFILEステートメントやFILEステートメントで使用するLRECL=オプションです。
(例)

file "出力するファイル名" lrecl=1000 ;

SASは、外部ファイルを入出力する際の論理レコード長をデフォルトで256バイト取ります。

固定長ファイルや、256バイトを超える入出力の場合に、LRECL=オプションで適切なバイト数を指定します。

では、この"LRECL"とは何の省略語でしょうか?

少し難しいですかね。

"論理的なレコードの長さ"の頭文字をそれぞれ取っています。

正解は「logical record length」です。

意味は「論理レコード長」です。


今回挙げたもの以外にも様々な省略語がSASでは使われています。

日頃何気なく使っている省略語を調べることで、何か新しい発見があるかもしれませんね。



[google]

0 件のコメント:

コメントを投稿

ツイート数からみる"バーチャルYouTuber"ブーム

今や YouTuber の話題の半分を占めるほどのクチコミ数に 当社が提供するソーシャルビッグデータ検索ツールの「 beInsight (ビーインサイト)」を使って、話題の「バーチャル YouTuber 」について調べてみました。 「バーチャル YouTuber...