2007年1月29日月曜日

JavaScriptライブラリ「Reflection.js」を使ってみました。


このカテゴリでは、最新WEB技術の動向を追い、


それらを用いた実験室的な記事を掲載していきます。



まずは、画像処理系のJavaScriptライブラリ


「Reflection.js」を使ってみました。



簡単に説明すると、



こんな感じの画像ファイルを


f:id:n-insight:20061225172100p:image




こんな感じにエフェクト処理をかけられます。


f:id:n-insight:20070128182814p:image



もう少しいろいろなパターンも試してみました。


下記ページをご覧下さい。


NI WEB実験室001:「Reflection.js」を使ってみました。



ファイルサイズもとても軽く(約5KB!)、


簡単な記述で効果的なイメージを作ることができます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ツイート数からみる"バーチャルYouTuber"ブーム

今や YouTuber の話題の半分を占めるほどのクチコミ数に 当社が提供するソーシャルビッグデータ検索ツールの「 beInsight (ビーインサイト)」を使って、話題の「バーチャル YouTuber 」について調べてみました。 「バーチャル YouTuber...