2006年7月17日月曜日

変数名の略記方法


Tipsと呼ぶほど大したものではありませんが、結構便利な使い方です。



まず、変数名の略記方法ですが、


例えばvar1、var2、var3という変数がある場合にそのすべてを指定する記述は、var1-var3という方法があります。


また、var:でも可です。(ただし、var5とかvariable1という変数があればそれも対象になります。)



ここでは、var:の略記方法を使った例を挙げます。



INFILEステートメントで外部ファイルを読み込む場合、


最終的には外部ファイルの項目をすべてデータセットに出力する必要がないときがあります。


読み込んだ項目によって新しく変数を作成したり、レコード抽出のためだけに必要な項目がある場合です。


このようなとき、最終的にデータセットに出力する必要がない項目を格納する変数には、"_"のような共通の接頭語を付けておきます。



data dat1(drop=_:) ;


 infile "D:\\inputdat1.csv" dsd missover firstobs=2 ;


 input key1 key2 _key3 _var1 _var2 var3 var4 var5 _var6 _var7 ;


 if _var1 and _var2 ;


 key3 = put(_key3,z8.) ;


 var8 = _var6 + _var7 ;


run ;



こうしておくことで「data dat1(drop=_:) ;」という記述が可能になり、


dat1というデータセットにはkey1、key2、key3、var3、var4、var5、var8の変数のみが出力されます。


この例程度の項目数であれば、あまり利便性は感じられないかもしれません。



また、保持する項目は明示的にKEEPステートメントで指定するというルールでコーディングする場合もあるかもしれません。


使い分ける判断力は必要かと思いますが、覚えておいても損はしないでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ツイート数からみる"バーチャルYouTuber"ブーム

今や YouTuber の話題の半分を占めるほどのクチコミ数に 当社が提供するソーシャルビッグデータ検索ツールの「 beInsight (ビーインサイト)」を使って、話題の「バーチャル YouTuber 」について調べてみました。 「バーチャル YouTuber...