1970年1月1日木曜日

雲文字(?)ジェネレータ「Smoke Signal Generator」を使ってみました。



雲で文字を表現するためのジェネレータ、「Smoke Signal Generator」です。


Google Mapとのマッシュアップサービスです。



作成方法は簡単で、


まず、Google Map上でポイントの位置を指定して、


あとは、出したい文字を入力するだけです。



ちょっと見にくいですが、以下のような感じです。


f:id:n-insight:20070221003728j:image


NATURE INSIGHTと入力しました。


(最後に絵文字も付いてます。)




下記、URLで実際のサイト上での動きが分かります。


http://www.mapmsg.com/view?l=wAtxvQC8aidIGgMSUBWiydC53C&m=TkFUVVJFIElOU0lHSFQgIw&v=fzbxr




非常にシンプルですが、面白いサービスですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

ツイート数からみる"バーチャルYouTuber"ブーム

今や YouTuber の話題の半分を占めるほどのクチコミ数に 当社が提供するソーシャルビッグデータ検索ツールの「 beInsight (ビーインサイト)」を使って、話題の「バーチャル YouTuber 」について調べてみました。 「バーチャル YouTuber...